千葉県の葬儀に関わる費用

千葉県で葬儀をするとなった場合、どれくらいの費用が、そしてどんなことに費用がかかるのでしょうか?

葬儀はその形式や参列者の数によって、費用は異なりますが、どんなことに費用がかかるのかを知っておきましょう。

葬儀に関わる費用には、葬儀費用、葬儀の際の飲食費用、寺院費用、建墓費用などになります。

葬儀費用というのは、葬儀社に依頼する葬儀一式に掛かる費用であり、葬儀に関わる費用の中でも最も高くなるものです。

その中でも葬儀を行う場所となる斎場費、葬式に必要な祭壇費が多くを占めます。

その他には、遺影費、棺代、骨壺代、供花代、位牌代、枕飾り代、ドライアイス代などになり、棺や骨壺はその価格の幅が広くあります。

斎場は公営か民営かで価格に十万以上の差がある場合もあります。

斎場費がおよそ15万円程度であった場合、その葬儀費用はおよそ50万円程度になります。

飲食費用というのは、通夜振る舞いや精進落としの際にお出しする料理や飲物代になります。

料理は予算に合わせたものを選べる様になっており、その程度とお酒がどれくらい消費されるかで費用が変わってきます。

寺院費用というのは、読経代としてのお布施を導師に支払いますが、脇導師がいる場合は導師の三分の一程度のお布施をお渡しするのが通常です。

建墓費用については、お墓を持っていない場合、納骨するためのお墓の建設代です。

千葉県で葬儀をするとなった場合、関わる費用は葬儀費用、葬儀の際の飲食費用、寺院費用、建墓費用などになり、予算に合わせられるものもあります。